メディコスヒラタとテトラゲルの医療分野における実用化に向けた共同開発を開始

テトラゲルを用いて医療に革新を起こす東京大学発のバイオベンチャー企業のジェリクル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:増井 公祐、以下ジェリクル)は、医療機器業界に於いて100有余年の歴史を有し低侵襲医療の先駆者である株式会社メディコスヒラタ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:平田 全孝、以下メディコスヒラタ)と止血材分野におけるテトラゲルの活用を目的とした共同開発契約を締結しましたので、お知らせ致します。

本共同開発では、ジェリクルが持つテトラゲル(Tetraゲル)を止血材として開発し、実用化することを目指します。

メディコスヒラタは低侵襲医療機器を日本の医療現場に導入した企業であり、医療機器の承認取得に豊富な実績と海外ネットワークを有しております。
一方、ジェリクルはテトラゲルを用いて新しい医療機器を生み出していくことに強みを持っており、その一つとしてテトラゲルを用いた止血材を生み出しました。

今回、ジェリクルは止血材の早期の実用化、グローバル展開を見据えた観点からメディコスヒラタと共同開発契約を締結いたしました。

ジェリクルの止血材は完全合成系の人工物であるため感染のリスクがなく、現状止めることができないあらゆる止血を可能にします。2025年の薬事承認を目指し、共同開発を進めていきます。

詳細は下記のURLを御覧ください。
東大発バイオベンチャーのジェリクルがメディコスヒラタとテトラゲルの医療分野における実用化に向けた共同開発を開始

株式会社メディコスヒラタの公式リリース
メディコスヒラタが東大発バイオベンチャーのジェリクルとテトラゲルの医療分野における実用化に向けた共同開発を開始

※本プレスリリースは以下のメディアにも取り上げて頂いております。
・化学工業日報社
・医理産業新聞
・日本医科器械新聞