メディコスヒラタと下肢静脈瘤を含む血流障害及び血管疾患分野の体に負担の少ない治療法として、テトラゲル技術の実用化に向けた提携拡大

テトラゲルを用いて医療に革新を起こす東京大学発のバイオベンチャー企業のジェリクル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:増井 公祐、以下ジェリクル)は、医療機器業界に於いて100有余年の歴史を有し低侵襲医療の先駆者である株式会社メディコスヒラタ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:平田 全孝、以下メディコスヒラタ)と両社の共同開発の枠組みを拡大し、血流障害及び血管疾患分野におけるテトラゲルの活用を目的とした共同開発契約を締結しましたので、お知らせ致します。

ジェリクルとメディコスヒラタは2021年2月に止血材領域における医療機器の開発における共同開発契約を締結し、開発を進めてまいりました。止血材領域の研究開発の進捗を鑑み、今回範囲を拡大して追加の共同開発契約を締結することとなりました。

今回の共同開発の拡大により、血流障害及び血管疾患分野まで範囲を広げて、ジェリクルのテトラゲルを用いた複数の医療機器の開発が可能になります。

血流障害及び血管疾患分野は多岐に渡り、下肢静脈瘤や大動脈解離が本共同開発の分野に含まれます。下肢静脈瘤は国内の患者が1000万人以上※1とされ、出産経験のある女性の2人に1人が発症する※2という身近な疾患です。しかし現存の治療法はいずれも侵襲性が高いという課題点があります。ジェリクルのテトラゲルを用いた下肢静脈瘤治療はゲルを打ち込むだけで治療するという侵襲性の低い治療を可能にします。2026年の薬事承認を目指し、共同開発を進めていきます。

※1:特定地域における40歳以上を対象とした調査(小西正光教授ら、2005年西予地区コホート研究)にて、約9%の割合で下肢静脈瘤が認められたことを、日本の全人口に換算した場合の推定値
※2:平井正文、牧篤彦、早川直和ら、妊娠と静脈瘤 静脈学: 255-261 (1997)
※侵襲性とは、医療において身体に及ぼす物理的負担や影響の大きさのことです。検査、治療、手術などにおいて、より侵襲性の低いものから検討していくのが主流です。

詳細は下記のURLを御覧ください。
ジェリクルとメディコスヒラタ、下肢静脈瘤を含む血流障害及び血管疾患分野の体に負担の少ない治療法として、テトラゲル技術の実用化に向けた提携拡大

株式会社メディコスヒラタの公式リリース
メディコスヒラタとジェリクル、下肢静脈瘤を含む血流障害及び血管疾患分野の体に負担の少ない治療法として、テトラゲル技術の実用化に向けた提携拡大 ~ゲルの注射だけという侵襲性の低い治療が可能に~